• 0

    薬玉考

    2011年から2013年、ホームページの薬玉調査室を必死で作っていた頃、 「薬玉」という文字を文献に発見すると、とにかくその中身を確認しなくちゃ気がすまなかった。 あるとき「薬玉考(くすだまこう) : 大塚嘉樹著 / 安永九年(1780年成立)」という、いかにも薬玉のことについて詳しく書かれていそうな文献を発見。 こりゃぁー、絶対にチェックせんと!と、気合いが入ったんだな。 ラッキーなことに、随筆文学選集の五巻に活字になっている(古書には活字本の無いものも多い)。 早速、図書館を調べたけど活字本もやたら古いせいか(昭和2年発行)どうやら鳥取県の図書館には無かった。 「非売品」なのらしい。 国立国会図書館にあるのは知っている。複写サービスがあるらしいのだけれど、手続きがやたら面倒。 さらに検索していると、さすがと言うべきか、Amazon に発見。 あんまり奇麗な本じゃないらしいけど、仕方ない。で、手に入れた。 本が届いて、わくわくしながらページをめくると、あれ? どこかで読んだような? 内容は、何度も何度も何度も読み返して、文章をほぼ暗記・・・できた訳ないけど、まぁそのくらい何度も読み返した「古今要覧稿(ここんようらんこう)」と、とてもよく似ていた。 古今要覧稿は江戸時代後期に成立した類書(百科事典のようなもの)。1821年から42年にかけて編纂。560巻もあるらしい。 実際は古今要覧稿の方が引用文献が多くて内容が充実している。 […]