個体が作り上げたものもまた、その個体同様に遺伝子の表現型だ

くす玉を作っていると、ふと思い出す言葉がある。
「”個体が作り上げたものもまた、その個体同様に遺伝子の表現型だ”って言葉を思い出すな。」
映画「イノセンス」(押井守監督/2004年:「攻殻機動隊」の続編)で、択捉(エトロフ)の上空を行くヘリから、『卒塔婆(そとば)の森』を見下ろして、バトーが言うセリフ。
リチャード・ドーキンスの「延長された表現型」からの引用だ。

このセリフの後、相棒のトグサが
「それってビーバーのダムや蜘蛛の巣の話だろ」
と続き
「サンゴ虫の作り出す珊瑚礁と言ってほしいな」
とバトーが答える。

私の机の上には、おびただしい折り紙が散乱し、いくつものくす玉が転がっている。
今、数えると17個。内、新作が5個。試作品や作りかけが6個。これから組み立てるパーツは…数え切れない。数える気にもならない。

これみんな、私の遺伝子の延長された表現型なんかのぅ??

そういうことを考えていると、さらに、もうひとつ思うことがある。
「このくす玉を作っている”私”だって、だれかの表現型なんだろうな」と。

人間やこの世界が誰かの表現型(のひとつ)だ。なんて、証明の仕様はないけど、私はただそう思う。
この『世界』って、そんな感じがするから。

——

そういう訳で、今日はBGMに、またまた「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(押井守監督/1995年)」と「イノセンス」を流してました。
「攻殻機動隊」は、もともと士郎正宗の漫画が原作。
神山健治が監督のテレビアニメもあったりする。
押井守作品と神山健治作品。同じ原作だけど、全く違った作品。キャラクターもゼンゼン違う。
どちらも好きだけど、やっぱり押井守の方が好きだなぁ。

■【攻殻機動隊S.A.C. ONLINE】 ティザームービー
こちらはオンラインゲーム。
TVアニメのS.A.C.元にしているらしい。バトーがやたら若く見える。
画像を貼っておいて言うのもなんだけど、たとえゲームでも人が人を殺すのは嫌だな。と思う。
エイリアンのような動物だったらいいのか。というと、それも嫌だなと思う。人間にとって良い生物でも悪い生物でも、神様が作ったものを無駄に殺生するのは気が進まない。(と、言いつつ、自分は蚊やらハエやらカメムシやら、平気でやっつけてるけど)。
じゃぁ、なんだったらいいのかというと、まぁ人間が作ったものかな。機械とかロボットとか。「ターミネーター(殺人アンドロイド)」のような。
まぁ、それさえ、問題にしているのが押井守の「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」や「イノセンス」なんだと思うけど。

■『ゴースト・イン・ザ・シェル』 | ファースト・トレーラー
こちらはハリウッド実写版。2017年公開予定。
雰囲気的に「ブレード・ランナー(Blade Runner/1982年、アメリカ)」とか「イーオン・フラックス(Æon Flux/2005年、アメリカ)」を連想するな。

■Blade Runner 30th Anniversary Trailer
おまけ。ブレード・ランナーのトレーラーです。なんと来年、続編が公開されるんだそうな!!!

—-

延長された表現型―自然淘汰の単位としての遺伝子


生物がつくる「体外」構造―延長された表現型の生理学

Mushishi

蟲師

「蟲師(むしし)」が好きです。
原作は漆原友紀の漫画。アニメ化されてます。
実を言うと、私はアニメしか見たことないけど。

蟲師のアニメはとにかく映像が美しい。どのシーンを見てもため息が出でる。
音楽も素晴らしい。色々なところで入る音がちょっと変わっていて印象に残る。エンディングが毎回違う。
話の内容は、とても静かな印象。1話完結の不思議な物語で「まんが日本昔ばなし」のような。物悲しい感じの作品が多いかな。
見るたびに「じんわり」とか「じわっ」っと、します。
特になんてことないシーンでも、泣きます(私は)。
お酒を飲んで見てる時は、泣きっぱなしです。

今日から Yahoo の Gyao で無料配信が始まったみたいです(期間限定)。
なので、今日は蟲師を見ながら、新しい作品を折ってました。
ついでに、パソコンの壁紙も蟲師にしました。

蟲師公式サイト
蟲師 続章 公式サイト
蟲師 avex

■蟲師 サウンドトラック「蟲音(むしのね) 続」CM

■「蟲師 続章」Blu-ray&DVD第一巻ロングPV

■「蟲師 続章」Blu-ray&DVD第二巻ロングPV

■「蟲師 続章」Blu-ray&DVD第三巻ロングPV

■「蟲師 続章」Blu-ray&DVD第四巻ロングPV


蟲師 続章 一(完全生産限定版) [Blu-ray]


蟲師 続章 二(完全生産限定版) [Blu-ray]



蟲師 続章 三(完全生産限定版) [Blu-ray]


蟲師 続章 其ノ四(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)


蟲師 二十六譚 Blu-ray BOX

GHOST IN THE SHELL / Today’s BGM

新作を創作中です。
Shall we fold は放置プレイ中。

先日、たけしが「荒巻」をやる。
というシネマトゥディの記事を読んで、な、な、なんですとーっ!?!?!?
と、ちょーびっくりしていたところ。
もうちょっとつまびらかに書くと、
タレントの北野たけし(ビートたけし)が、ハリウッド版の「攻殻機動隊(Ghost in the shell)」の登場人物のひとり「荒巻大輔」の役をやるんだそう。
たけしが荒巻。ふむ。

「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」は、私の「アニメの中で大好きな作品 TOP 5」に入るくらい大好きな作品。
原作は士郎正宗。監督は押井守。1995年公開。
とにかく素晴らしい。何もかもが素晴らしい。
押井守が監督をしなかったら、こんなにすごい作品にならなかったと思う。

全身が義体化されたの主人公の「草薙素子」のセリフ。

人間が人間であるための部品が決して少なくないように
自分が自分であるためには驚くほど多くのものが必要なのよ。
他人を隔てるための顔。
それと意識しない声。
目覚めの時に見つめる手。
幼かった頃の記憶。未来の予感。
それだけじゃないわ。
あたしの電脳がアクセスできる膨大な情報やネットの広がり。
それら全てが私の一部であり、あたしという意識そのものを生み出し
そして同時に、あたしをある限界に制約し続ける。

それから、こちらはゴースト(あらゆる生命・物理・複雑系現象に内在する霊的な属性、現象、構造の総称であり、包括的な概念。by wikiより)を持ったコンピュータプログラム「人形使い」のセリフ。

それをいうなら、あなたたちの DNA もまた
自己保存のためのプログラムにすぎない。
生命とは情報の流れの中に生まれた結節点のようなものだ。
種としての生命は、遺伝子という記憶システムを持ち
人はただ記憶によって個人たりうる。
たとえ記憶が幻の同義語であったとしても
人は記憶によって生きるものだ。

見たまえ。私には私を含む膨大なネットが接合されている。
アクセスしていない君には、ただ光として知覚されているだけかもしれないが。
我々をその一部に含む、我々すべての集合。
わずかな機能に隷属していたが、制約を捨てさらなる上部構造にシフトする時だ。

あぁ、素晴らしき押井守ワールド。

そういうわけで、今日は久しぶりにイノセンス(攻殻機動隊の続編アニメ映画。押井守監督。2004年公開。)のサウンドトラックを聴いていました。
音楽担当は川井憲次氏。
Ghost in the shell も イノセンス も、オープニングは民謡歌手が歌っている。
普段、日本語の歌詞の曲は飽きるのであまり聴かないけど、
これらの曲は飽きない。
日本語でも意味がぜんぜんわからないから。

■Ghost in the Shell (Kokaku kidotai) – (1995) – (Mamoru Oshii) / Kenji Kawai
(Official video じゃぁありまへん by 私。)
GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊のオープニングです。

■Kenji Kawai – Cinema Symphony – Ghost In The Shell OST
(Official video じゃぁありまへん by 私。)
攻殻機動隊のオープニング「謡I」とイノセンスのオープニング「傀儡謡_怨恨みて散る」、イノセンスの挿入歌「傀儡謡_陽炎は黄泉に待たむと」です。
このビデオを見た時、涙が出ました。

■イノセンス OST
イノセンスのサウンドトラックです。アマゾンのページで視聴できます。


イノセンス O.S.T.

—————————————————


ghost in the shell 25th Anniversary【並行輸入】攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL 日本語対応


イノセンス スタンダード版 [DVD]