イラレのダウンと私のダウン

3日前。 来月の折り図を用意しようと思って、めずらしく早く図面にとりかかってみた。 イラレ(Adobe Illustrator)を立ち上げ、ふと、くす玉作品の名前の”フォント”を変更しようと思い立ったのが事のはじまり。フォントを選択したとたん、イラレが落ちた。 な、なんだ?なんだ?? 再びイラレを立ち上げる→フォントを選択する→イラレが落ちる 再びイラレを立ち上げる→フォントを選択する→イラレが落ちる 再びイラレを立ち上げる→以下同文 を、10回くらい繰り返して、何がどうおかしくなったのかわからなかったので、一旦アドビの全てのアプリ(CS5.5)をアンインストールのち再インストールすることに。同じフォルダにインストールせずに、違う場所にしてみた。(←ちょっと工夫したつもり) さすが、でかいファイルだ。インストールは1時間ちょっとかかった。 終わって、さて、イラレを立ち上げ、再びフォントを変更。 しようとすると、見事にストンと落ちた。 再インストールの意味、全くなし。 なんじゃこりゃ。だ。 adobe のヘルプフォーラムを見てみても、なんだかよくわからない。 一応、それらしい対処をしてみた。けど、症状は改善せず。それどころか、Mac のシステムのファイルを変にいじってしまったせいか、OSの動作に異変が…。 なんだか、やっちまった感。 仕方なく、タイムマシンで前日の Mac に戻ってもらうことにした。 3時間かけて Mac 復元をしたのはいいけど、復元ポイントを間違えていた。 ありえん。 またまた仕方なく、復元ポイントを変えてリカバリし直すことに。 図面に取り掛かったのは、朝9時ごろだったはずなのに、サッシの外を見たらいつの間にか夕方の景色になってきているではないか。しかも、朝方、単に鼻の調子だけおかしかったのが、徐々にからだ全体に広がってきている感じがする。Mac がすっかり復元を終えていつもの”ゴーン”の音で再起動するころには、私はすっかりダウンしてしまっていた。 ありえん。 そういうわけで、私は 5年ぶりに風邪を引いた。 その夜、風邪を理由に酒を飲み、風呂にも入らずぐぅぐぅ寝た。 もちろん次の日良くなっていると思っていたが、朝6時20分に目を覚まして調子こいて動き回っていたら、あちこち痛くなり、だるくなり、ばったり倒れた。 熱はさほどなかった。37度8分。 しょーもない。どうせなら、40度くらいあって欲しい。と、くだらないことを考えながら、ベッドの中で一日が過ぎた。で、その日の夜も酒を飲み、風呂にも入らずぐぅぐぅ寝た。 次の日(今日)、もちろんよくなると思って起きて、よくなっていた。 やれやれ。 人生でこんなふうに何もせずに過ごしたのは、子供の頃以来かもしれないな。などと思った。(いや、子供の頃は酒は飲まないけど) さて本日、イラレとの格闘の再開。 という程の大げさなものでもなく、ガガった (DuckDuckGo のアヒル) ら、すぐに原因が分かった。 フォントをいじろうとするとイラレが落ちる現象は、どうやら Mac 特有のバグらしい。 対処の方法は、環境設定のテキストで、単に「フォントプレビュー」のチェックを外すだけ。 試してみると、本当に治った。 信じられん!!! しかし、なんだか悔しい。この3日間を返せーっ!!!

個体が作り上げたものもまた、その個体同様に遺伝子の表現型だ

くす玉を作っていると、ふと思い出す言葉がある。 「”個体が作り上げたものもまた、その個体同様に遺伝子の表現型だ”って言葉を思い出すな。」 映画「イノセンス」(押井守監督/2004年:「攻殻機動隊」の続編)で、択捉(エトロフ)の上空を行くヘリから、『卒塔婆(そとば)の森』を見下ろして、バトーが言うセリフ。 リチャード・ドーキンスの「延長された表現型」からの引用だ。 このセリフの後、相棒のトグサが 「それってビーバーのダムや蜘蛛の巣の話だろ」 と続き 「サンゴ虫の作り出す珊瑚礁と言ってほしいな」 とバトーが答える。 私の机の上には、おびただしい折り紙が散乱し、いくつものくす玉が転がっている。 今、数えると17個。内、新作が5個。試作品や作りかけが6個。これから組み立てるパーツは…数え切れない。数える気にもならない。 これみんな、私の遺伝子の延長された表現型なんかのぅ?? そういうことを考えていると、さらに、もうひとつ思うことがある。 「このくす玉を作っている”私”だって、だれかの表現型なんだろうな」と。 人間やこの世界が誰かの表現型(のひとつ)だ。なんて、証明の仕様はないけど、私はただそう思う。 この『世界』って、そんな感じがするから。 —— そういう訳で、今日はBGMに、またまた「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(押井守監督/1995年)」と「イノセンス」を流してました。 「攻殻機動隊」は、もともと士郎正宗の漫画が原作。 神山健治が監督のテレビアニメもあったりする。 押井守作品と神山健治作品。同じ原作だけど、全く違った作品。キャラクターもゼンゼン違う。 どちらも好きだけど、やっぱり押井守の方が好きだなぁ。 ■【攻殻機動隊S.A.C. ONLINE】 ティザームービー こちらはオンラインゲーム。 TVアニメのS.A.C.元にしているらしい。バトーがやたら若く見える。 画像を貼っておいて言うのもなんだけど、たとえゲームでも人が人を殺すのは嫌だな。と思う。 エイリアンのような動物だったらいいのか。というと、それも嫌だなと思う。人間にとって良い生物でも悪い生物でも、神様が作ったものを無駄に殺生するのは気が進まない。(と、言いつつ、自分は蚊やらハエやらカメムシやら、平気でやっつけてるけど)。 じゃぁ、なんだったらいいのかというと、まぁ人間が作ったものかな。機械とかロボットとか。「ターミネーター(殺人アンドロイド)」のような。 まぁ、それさえ、問題にしているのが押井守の「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」や「イノセンス」なんだと思うけど。 ■『ゴースト・イン・ザ・シェル』 | ファースト・トレーラー こちらはハリウッド実写版。2017年公開予定。 雰囲気的に「ブレード・ランナー(Blade Runner/1982年、アメリカ)」とか「イーオン・フラックス(Æon Flux/2005年、アメリカ)」を連想するな。 ■Blade Runner 30th Anniversary Trailer おまけ。ブレード・ランナーのトレーラーです。なんと来年、続編が公開されるんだそうな!!! —- 延長された表現型―自然淘汰の単位としての遺伝子 生物がつくる「体外」構造―延長された表現型の生理学

セロリとシナントラが嫌いです。

食べ物で嫌いなものは、セロリ。シナモン。それから、シナントラ。 「シナントラ」は大人になって初めて知った食べ物で、 口にしたのは今から約15年前。 アメリカ放浪中、チャイナタウンの屋台で買った生春巻きの中に入っていて、春巻き全体があやしい匂いを発していたんだな。 食べる前から嫌な予感がしていたけど、食べたらあまりのまずさに失神しそうになった。 以来、どんな料理でも、とにかくシナントラを口に入れると、まるで膝を立てて木槌なんかでひざこぞうをコンとたたいた時みたいに、頭が考える前に「おえっ」となる(←条件反射)。 そのくらい体が受け付けない。 しかし、その壮絶にまずい食べ物の名前がわからなかった。 日本人の友だちに聞いても「ああ、あれねー。」「私もダメー。」みたいな返事は返ってくるけど、名前がさっぱり分からない。なので、その土地に住んでるちょっとインテリげな(鳥取弁:インテリそうな)ジャパニーズ・アメリカンのお友達に尋ねてみた。 するとあっさり「シナントラ」だ。と教えてくれた。 以来、私は嫌いな食べ物を聞かれると 「セロリ」と「シナントラ」と答えるようにしていた。 が、この「シナントラ」。 日本では知っている人がまったくいない。ほんとうに、ゼンゼン。マッタク。ゼロ。 嫌いな食べ物は「シナントラ」と言っても、毎回「なんですか、それ。」みたいな展開になる。 とにかく臭い葉っぱみたいな。なんていうか、香草みたいな。と、とりあえずは説明をするけど、 「そんな食べ物、日本の日常で食べる機会なんてあるんですか」。と言われることも。 まぁ、よく考えると、無いかも。 「シナントラ」とは何なのか。 ひょっとしたら別の日本語の名前があるのかもしれない。と、ネットで調べてみたけど、ぱっとした答えが出ない。それらしいアルファベットで検索してみてもダメ。私の聞き間違いの可能性も考えて「シュナントラ」と打ってみてもやっぱり☓。もしかすると中国語かなと思って、「中国、シナントラ」とやっても、やっぱり☓だった。 この「シナントラ」。ほんとうに一体何なのか。 このことは、私の人生の大きな謎のひとつになっていた。 でもこの謎が、15年経った最近とうとう解けたんだな。 先日、あるテレビのバラエティ番組を見ていたらスペイン料理を出すレストランを紹介していて、そのお店の名前が「シンナントロ」。 ある食材が由来と言っていたけど、その食材がなんと「パクチー」。 「パクチー」はスペイン語で「シナントロ」と言うらしい。 思わず、目を見開いたわさ。 「シナントラ」も「シナントロ」もおそらく一緒に違いない。と。 調べてみると綴りは「Cilantro」。英語で「Coriander(コリアンダー)」のこととあった。あるサイトには画像も載ってた。間違いなかった。 こ、これだぁぁぁぁっっっっ!!!!!!!!! と、いうわけで、15年来、ずっとずっと首をひねり続けていた謎が解けました。とさ。 しかし。だ。 なんであいつ(ジャパニーズ・アメリカンの友達)は、英語で「コリアンダー」というところを「シナントラ」と教えたのだ?? インテリ(OC〈オレンジ・カウンティ〉にドミトリーを買ってるような人だった。インテリというかセレブ?)だからか?? それとも、周りにがヒスパニック系(主にメキシカン。母国語はスペイン語)が多いからか? 確かに、シナントラはブリトー(メキシコ料理)なんかにもたまに入ってたな。(もちろん、口に入れた瞬間「おえっ」となってたけど。) ま、いいか。 今度から「シナントラ」ってなんですか。って、尋ねられたら、 「聞きたい? 聞きたい? 長いよ???」 と、言うことにしよう。 — パクチー栽培セット パクチーボーイのかんたんパクチーレシピ100!

Stop hating, start loving.

  Facebook のお友達は折り紙つながりの方が多いけど、Facebook の最新情報(ハイライト)に流れる情報は折り紙関連だけじゃない。 友達がUP、またはシェアした絵とか写真とかビデオとか、とにかく世界中の色んな情報が、分刻みで次から次へと流れていく。 記事やコメントの文字が、文字化けしたような文字だったり(どの文字もこんな感じ→@。どこの国の言葉かは知らない)、文字の列が右から左へなんていう国の言葉もある。 見ていたら飽きない。でも、これいいな。と思った記事も、次の日見てみると、たくさんの新しい記事に埋もれてしまって、その情報ははるかかなた。 もう二度と探し出せなかったりする。 この間、思わずうるうるしてしまったビデオがあったので、思い切ってシェアしてみたたんだけど、自分のタイムラインからもアクティビティログからも、綺麗さっぱり消えてしまっていた。なぜかはよくわからない。 二度と探し出せないかと凹んだ。 でもあきらめず、根性で探し出した。 動画の最後に流れる英語の言葉(このブログのタイトル)を覚えていたので、そこから Facebook の中じゃなく、ネット上で。 どうも私が Facebook でシェアした情報は、シェアのシェアのシェアだったのらしい。 動画の男の人の横にある立て札の文字の意味がわからなかったけど、元の動画を探し出せて、意味が分かった。 余計にうるうるしてしまった。 ■Blind Muslim Trust Experiment – Denmark I’MA A MUSLIM. NOT A TERRORIST. IF YOU TRUST ME, GIVE ME A HUG. (私はイスラム教徒です。でもテロリストじゃありません。もしあなたが信じるならハグして。) —- イスラム芸術の幾何学 (アルケミスト双書) アラベスク模様素材DVD-ROM: トルコやペルシア、アラビアの模様

Vocal bands / Today’s BGM

手書きの折り図を描いてます。 以前は、折り紙の図面は手書きよりもデジタルの方がすっきりとして美しいと思っていたけど、 今は、手書きもハンドメイド感があっていいな。と思ったりしている。 毎度のことながら、手書きの折り図で一番はじめにすることは、道具探し。 私はあまり『物を整頓する』ということに興味を持たないので、 机の上に次々とあらゆる物が堆積(たいせき)していって、いざ必要なものがあると、まるで徳川の埋蔵金でも発掘するかのようなんだな。 で、今日も、 「4Bの鉛筆どこかいな」。ゴソゴソ。 「定規はどこかいな」。ガサガサ。 まぁ、定規や鉛筆は普段使っているので、難易度は低め。 「方眼紙ってこのあたりだっけ?」バサバサ。 「分度器〜。分度器〜。」ワサワサ。 「コンパス…。はてな。全く、記憶がないな。」うーん?? 結局、私が探している使い勝手のいいコンパスは見つからず、別のコンパスを使うことに。 (コンパスのストックがいくつもあったりする。) そうして、ようやく手書きの折り図に取り掛かかりました、とさ。 さて、今日の BGM はいくつかのヴォーカルバンドをミックスして聴いていました。 最近のビデオには、びっくりがいっぱい。 ■Starving – Hailee Steinfeld & Grey ft. Zedd: The Filharmonic (A Cappella Cover) The Filharmonic(フィルハーモニック)。ちょっと見ない間に、Niko(ニコ) の髪が金髪に!! ■[Official Video] Perfume Medley – Pentatonix PENTATONIX(ペンタトニックス)。これはすごい。さすが、耳がいい。ほぼ完璧な発音!! chocolate もちゃんと「チョコレート」って、言ってる!! ■ACA TOP 10 Bro Country Feat: Chris Rupp The Voice…

Xandria / Today’s BGM

時間に追われて、猛烈に創作しております。 作品はビシバシ生まれますが、時間が無くってホームページの更新ができないっっ。 しかし、ブログは書こう。気晴らしに。 さて、今日の BGM は Xandria(キサンドリア)。 ドイツのメタルバンドです。 だみ声が無いから好き。 こういうメイクをしなければ、ヴォーカルのダイアンはふつうにかわいいと思う。 ■XANDRIA – Nightfall (Official Video) | Napalm Records ■XANDRIA – Voyage Of The Fallen (Official Lyric Video) | Napalm Records ■XANDRIA – Valentine | Napalm Records ■XANDRIA – Valentine (Teaser) | Napalm Records おまけ。 ■XANDRIA – Valentine (Teaser) | Napalm Records おまけ。ヴォーカルのダイアン。 ——- Neverworld’s End…

Platina Jazz

9月の新しい作品を創作しています。 ほんとうは8月の作品だったんですけど、アレンジが生まれすぎて、ちょっと時間がかかっております。 さて、今日の BGM は Platina Jazz(プラチナジャズ)。男女合わせて12人のスウェーデンのジャズバンドです。 初めて youtube で発見した時、「まじっ!?!?!」って、目が点になったんだな。 おそらく、かなりの実力。渋いし。かっこいいし。演奏に味もある。ビデオの映像も凝っていて綺麗。 なのに、なのに、 なぜに、そげな(鳥取弁:そんな)曲をカバーしているんだ!?!? 一曲や二曲じゃぁない。 どうやら彼らは「そげな曲」を専門にカバーしているジャズバンドなのらしい。 元の曲を知らない人は、ほんとうにジャズの歌を歌っている。と勘違いすると思う。 元の曲を知っている人は、絶対ニヤッとすると思う。 ■Platina Jazz – Devilman (from Devilman) ■Platina Jazz – Nausicaa of the valley of the wind – LIVE – ■Platina Jazz – A Moonlight Serenade (from Sailor Moon) 思わず、君の方が歌うっ !?!? と、ツッコミを入れた。いえ、誰が歌ってもいいんですけど。 ■Platina Jazz – Fly Me To The…

Disturbed / Today’s BGM

8月になりました。 暑いです。じわじわ。じわじわ。何もしていなくても汗が出ます。 でも、冬と同じくエアコンはつけません。 扇風機もありません。もちろん、サーキュレータなどと洒落たものもありません。 ただただ、からだ全体で暑さを受けてます。 でも、何もしないわけじゃぁなく、とりあえず窓という窓はすべて全開です。 風が入ると、最高に幸せ。 誰かが覗いてるかもしれないって? いやぁ。鳥取だし。田舎だし。ここ、3階だし。40過ぎのおばはんを覗く酔狂な人もいないっしょ。(と、願う。) と、いうわけで、寝る時も窓は全開です。 ただ、悩むのは、日が登り始めたらカーテンを締めた方がいいのかどうか。 うちのカーテンは遮光カーテンです。遮光カーテンを締めたほうが、部屋の温度が上がらないのか、それともカーテンを開けて風を入れた方が涼しいのか。 よっぽど気になっているのかわからないけど、なぜかいつも自然と AM 5時くらいに目が冷めて、むくっと起き上がり、全開にしていたカーテンをシャッと閉めます。 (そのたびに人の意識というのは、不思議だなと思います。) さて。今は、長方形アラベスクからいくつのアレンジができるかに挑戦中です。 今日のBGMは、Distarbud。私はあまり、ふつーのヘビメタは聴かないですけど(聴くのはブラックメタルか、ゴシック・メタル、または、シンフォニック・メタル。)、このバンドは年に2回くらい聴きます。聞いている時はかなりノリノリ。紙を折っていても、図面を描いていても、タテノリで揺れてます。Distarbud は、たまにふっと聴きたいと思うバンドです。 なんか、言葉のリズムが好き。言葉がリズムを刻む楽器みたい。 もちろん何言ってるのか、さっぱりわからないけど。 ■Disturbed – Indestructible [Music Video] ■Disturbed – Voices (Music Video) (Video) ■Disturbed – Stricken [Official Music Video] ■Disturbed – The Sound Of Silence [Official Music Video] 激しいバンドがこういう歌を歌うと、おおおっと思います。 — 進撃の巨人(20) (講談社コミックス)

Wagakki-band / Today’s BGM

うわーっ。時間がないっっっ、と叫びつつ、来月の Patreon の折り図をせっせと描いてます。 長方形アラベスクです。 さて。今日の BGM は和楽器バンド。 私は日本語の歌詞の曲っていうのは、めったに聴きません。 飽きるから。 でも、この和楽器バンドは、ふっと思いたって、何故か1年に1回くらいは聴きます。 もうずいぶん昔に、初音ミクを検索していて、youtubeで発見したバンドです。 民謡みたいな歌い方がいい感じ。 ■【和楽器バンド】天樂 Tengaku 【VOCALOID】 ■【和楽器バンド】六兆年と一夜物語 Roku Chounen 途中、早口すぎて、日本語なのに何言ってるのかさっぱりわからないところが好き。 ■和楽器バンド / 千本桜 — 初音ミク -Project DIVA- X HD 【予約特典】特製アクリルスタンド付 初音ミクVer. 1/8スケール 塗装済み完成品フィギュア

Mushishi

蟲師 「蟲師(むしし)」が好きです。 原作は漆原友紀の漫画。アニメ化されてます。 実を言うと、私はアニメしか見たことないけど。 蟲師のアニメはとにかく映像が美しい。どのシーンを見てもため息が出でる。 音楽も素晴らしい。色々なところで入る音がちょっと変わっていて印象に残る。エンディングが毎回違う。 話の内容は、とても静かな印象。1話完結の不思議な物語で「まんが日本昔ばなし」のような。物悲しい感じの作品が多いかな。 見るたびに「じんわり」とか「じわっ」っと、します。 特になんてことないシーンでも、泣きます(私は)。 お酒を飲んで見てる時は、泣きっぱなしです。 今日から Yahoo の Gyao で無料配信が始まったみたいです(期間限定)。 なので、今日は蟲師を見ながら、新しい作品を折ってました。 ついでに、パソコンの壁紙も蟲師にしました。 蟲師公式サイト 蟲師 続章 公式サイト 蟲師 avex ■蟲師 サウンドトラック「蟲音(むしのね) 続」CM ■「蟲師 続章」Blu-ray&DVD第一巻ロングPV ■「蟲師 続章」Blu-ray&DVD第二巻ロングPV ■「蟲師 続章」Blu-ray&DVD第三巻ロングPV ■「蟲師 続章」Blu-ray&DVD第四巻ロングPV — 蟲師 続章 一(完全生産限定版) [Blu-ray] 蟲師 続章 二(完全生産限定版) [Blu-ray] 蟲師 続章 三(完全生産限定版) [Blu-ray] 蟲師 続章 其ノ四(完全生産限定版)(Blu-ray Disc) 蟲師 二十六譚 Blu-ray BOX