イラレのダウンと私のダウン

3日前。 来月の折り図を用意しようと思って、めずらしく早く図面にとりかかってみた。 イラレ(Adobe Illustrator)を立ち上げ、ふと、くす玉作品の名前の”フォント”を変更しようと思い立ったのが事のはじまり。フォントを選択したとたん、イラレが落ちた。 な、なんだ?なんだ?? 再びイラレを立ち上げる→フォントを選択する→イラレが落ちる 再びイラレを立ち上げる→フォントを選択する→イラレが落ちる 再びイラレを立ち上げる→以下同文 を、10回くらい繰り返して、何がどうおかしくなったのかわからなかったので、一旦アドビの全てのアプリ(CS5.5)をアンインストールのち再インストールすることに。同じフォルダにインストールせずに、違う場所にしてみた。(←ちょっと工夫したつもり) さすが、でかいファイルだ。インストールは1時間ちょっとかかった。 終わって、さて、イラレを立ち上げ、再びフォントを変更。 しようとすると、見事にストンと落ちた。 再インストールの意味、全くなし。 なんじゃこりゃ。だ。 adobe のヘルプフォーラムを見てみても、なんだかよくわからない。 一応、それらしい対処をしてみた。けど、症状は改善せず。それどころか、Mac のシステムのファイルを変にいじってしまったせいか、OSの動作に異変が…。 なんだか、やっちまった感。 仕方なく、タイムマシンで前日の Mac に戻ってもらうことにした。 3時間かけて Mac 復元をしたのはいいけど、復元ポイントを間違えていた。 ありえん。 またまた仕方なく、復元ポイントを変えてリカバリし直すことに。 図面に取り掛かったのは、朝9時ごろだったはずなのに、サッシの外を見たらいつの間にか夕方の景色になってきているではないか。しかも、朝方、単に鼻の調子だけおかしかったのが、徐々にからだ全体に広がってきている感じがする。Mac がすっかり復元を終えていつもの”ゴーン”の音で再起動するころには、私はすっかりダウンしてしまっていた。 ありえん。 そういうわけで、私は 5年ぶりに風邪を引いた。 その夜、風邪を理由に酒を飲み、風呂にも入らずぐぅぐぅ寝た。 もちろん次の日良くなっていると思っていたが、朝6時20分に目を覚まして調子こいて動き回っていたら、あちこち痛くなり、だるくなり、ばったり倒れた。 熱はさほどなかった。37度8分。 しょーもない。どうせなら、40度くらいあって欲しい。と、くだらないことを考えながら、ベッドの中で一日が過ぎた。で、その日の夜も酒を飲み、風呂にも入らずぐぅぐぅ寝た。 次の日(今日)、もちろんよくなると思って起きて、よくなっていた。 やれやれ。 人生でこんなふうに何もせずに過ごしたのは、子供の頃以来かもしれないな。などと思った。(いや、子供の頃は酒は飲まないけど) さて本日、イラレとの格闘の再開。 という程の大げさなものでもなく、ガガった (DuckDuckGo のアヒル) ら、すぐに原因が分かった。 フォントをいじろうとするとイラレが落ちる現象は、どうやら Mac 特有のバグらしい。 対処の方法は、環境設定のテキストで、単に「フォントプレビュー」のチェックを外すだけ。 試してみると、本当に治った。 信じられん!!! しかし、なんだか悔しい。この3日間を返せーっ!!!

IFTTT

1年くらい前にIFTTTというアプリを発見して、私がこの wordpress のブログに記事を投稿すると、同時に Facebook と、Twitter に投稿されるように設定している。(Mixi は外部のブログリンクで、このブログが直接表示されます。) なので、Mixi、Facebook、Twitter のどれかをやってる人で、私とつながっている人は私のブログの更新が分かるようになってるんだな。(たぶん。) 最近それに加えて、このアプリで Blogger (Googleの無料ブログ) と、Flickr(YahooのフォトSNS) もリンクしてみた。 さっそく、どんな感じになってるのか確認してみると。 びっくり仰天!!! Bloggerは、たとえば Facebook みたいに、Mio’s blog was update!! みたいなインフォメーションではなく、Wordpress の投稿記事がまんま投稿されていた。 おおおおおおっ。すごいー!! Blogger (origamio.com Infos) Flickrでは、写真がしっかり! Flickr (Mio Tsugawa) ほんとうにすごいアプリだな。感動〜。 ただ残念なことに、Bloggerの設定では記事を投稿するとGoogle+に反映するようにしてあるけど、どうも自動の投稿は反映されないらしい。 Google+ は手動かぁ〜。 Google+ Mio Tsugawa さて。さて。 今日のBGMは、Accent。 Accent は、6人組のヴォーカルグループ。メンバーは、Denny(カナダ)、Simon(スェーデン)、Evan(アメリカ)、J.B(フランス)、Andrew(カナダ)、James(イギリス)と、どえらく国際色豊か。 やっぱり人が6人も集まると、声の重層感が半端ない。しかも、彼らは主にジャズのカバーをやってるからなのか、ビートボクサーがいないので、ハーモニー感がダイレクトによく分かるんだな。 ただ、好みで言えば私はビートボクサーがいるグループの方が好き。そういうわけで、やっぱり6人組のイチバンは The Filharmonic だすな。 ■Accent – Frosty the Snowman (Jazz A…

HTML Validator and Blue firefox

Mac の環境になってから使えなかった「HTML Validator」が な、なんと Mac 対応になっていたじゃぁないか!!!(2016年1月) 感動!感動!!感動!!! これ、firefox のアドオン。 HTML(ホームページ)のミスやら間違いを教えてくれるんだな。 とにかく、ミスの多い私には力強いお友達。 ありがとう、開発してくれた人。 さっそく使ってみたら、ありゃ。 あっちゃこっちゃにあるなぁ。 さらに、Firefox をいじっていると 青い Firefox を発見!!! か、かっちょええぇぇー!!!! しかも、パソコンから、モバイルやらスマホ環境やらのプレビューなんぞも確認できる!! なんちゅう素晴らしいだぇ(鳥取弁)。 これ。すごすぎるな。 すごすぎて、私には豚に真珠だな。 ———- トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色

The sources of Flickr

I looked for Favicon of Flicker and saw the sources. Then I found this sentences. It’s a nice humorous play, isn’t it? Flickerのファビコンを探して、サイトのソースを見てたら、こんなマークアップが。 html(webサイトを作る時の言語)のソースで、から始まって、で終わる文は、htmlとは直接関係なくって webを作る人のメモみたいなもの。 すごいおもしろい。 で、ファビコンはどこにあったかというと、310行目。 あんまり使う人は無いかもしれないけど。ま、参考にどうぞ。 — オタフク お好みソース

ねずみさんの背中

ブルームのサンプル折り図、日本語バージョンできました。 ブルーム / サンプル折り図 以前のサイトで公開していたもの。 サイトをリニューアルしたときに、なぜか抜けてしまってたんだな。 楽しんでもらえると嬉しいです。 —- ねずみさんの背中 ヨセミテさんにしてから、Photoshop でワコムのスクロールホイールが使えなくなってしまった。 ズームができない。 かなり不便。 「ワコムのペンタブレットが OS に対応してない」っちゅうヨセミテさんのメッセージをスルーしてたけど、仕方ない。最新のドライバーのインストールをすることにした。 何年かぶりに、箱から白いねずみさん(マウス)を取り出して、つなぎ、ペンタブレットの古いドライバーをアンインストールして、新しいドライバーをインストール。 さて、どうかな。と Photoshop でスクロールホイールを試してみたけど、…残念。がっくり。使えない。 がちゃがちゃいじっていたら、白いねずみさんの背中でズームができることに気がついた。 おおおー。ねずみさん、すげー!!! そういうわけで、photoshopを使うときは、ねずみさんとタブレットの両刀使いを数ヶ月続けていたけど、ふと、設定の「スクロールホイールでズーム」のチェックを外してみたら、なんとスクロールホイールが効くようになった。 おおおおおー。 どうなってんのかわからないが、すげぇぇぇー。 でも、ねずみさん。君は、これからも私のそばにいておくれ。 君の背中はたのもしい。 ワコム Intuos Pro プロフェッショナルペンタブレット

contact form

オリガミオショップを作った時、SLL(暗号化通信)対応ページのレイアウトが崩壊している。ということに気がついた。 厳密に言うと、safari(macのブラウザ)以外のブラウザ(chrom、opera、firefox、IE)で確認するとレイアウトが崩壊している。つまりsafari以外のブラウザはcss(レイアウトのファイル)を読み込んでいない。 普段sarafiしか使わない私が、なぜ気がついたのかというと、ショップのCGIを小窓さん(windows7)でいじったから。 ネットを調べてみると、どうやら、htaccess(アクセスルールを書いているファイル)に問題があるのらしい。 よくわからないけど、ジタバタとhtaccessと格闘。どうにかこうにか問題解決した。 まぁ逆に、なぜsafariがきちんとcssをきちんと読み込むかという謎は残ったけど、やれやれ。 …とのんびりしていたら、今日大変なことに気がついた。 実はSLL対応ページはもう一つあったんだな。 サポートセンターとつながる「コンタクトフォーム」。 げぇーっ。 あわててhtaccessを書き直した。 サイトをオープンしてすでに2年以上経過。 ずーっとあのメチャクチャなページだったのかと思うと、ぬぬぬぬ。 何とも言えん。 と、いうか、 たとえレイアウトがメチャクチャでも、気にしないでコンタクトをとってくれた方々。 大感謝です。 origamio.comコンタクトフォーム(cssを読み込んだコンタクトフォームはこんな感じ)

オリガミオショップオープン

くす玉専門店のオリガミオショップオープンしました。 やった。やった。やりましたー。 先日から頑張ってくれているヨセミテさんに加えて、小窓さん(ラップトップ型のwindows7)にも協力してもらいました。 小窓さんの活躍はほんとうに素晴らしかった。   ショップには必須の買い物カゴ。 このCGIのプログラムが、何度やってもサーバーエラーになってしまって、すっかり困ってしまってたんだな。 なんでか分からず私自身もフリーズしてしまっていた時、後ろでぴーひゃらBGMを歌っている小窓さんが声をかけてくれた。 「私の出番じゃない?」 あ、そうか! さっそく小窓さんからプログラムをダウンロードして、試してみるとすんなり問題解決。 なるほど。そういうことだったのかぁ。 小窓(windows)さん、やっぱり君はまだまだ必要なんだね。   その後、SSL(暗号化通信)と SSLを有効化する htaccess と格闘しつつも、なんとかかんとかショップが完成。 以前ショップで売っていた図面もデジタルバージョンに改定されて、数少ないですけどぼちぼちあります。 みなさまのお越しをお待ちしております。 (xpさん(windows)で作った図面を、どうやってヨセミテさん(imac)に取り込んだか。 この素晴らしいドラマは、また別の機会に。) 新作もあります。

Google日本語入力を使うことにしました。

  今までライオン(Lion)くんが頑張ってくれていたけど、これからはヨセミテ(Yosemite)さんにお願いすることにした。 Apple は親切だな。無料で OS が UPgrade できる。 Windowsはパソコンを買い換えなきゃならんからな。しかも、愛用のXPはサポート終わっちゃったし。 ヨセミテさんは、ネット上ではかなり不評っぽいけど、まぁいいや。 きっと、いいこともあるだろう。   UPgradeして、なるほど。気がついた。 いくつかのアプリケーションがヨセミテさんに対応していない。 Dreamweaver(Adobeのホームページ作成支援ソフト)のコードヒントツールが使えなくなった。 コードヒントツールは、例えば</>を入力すると、その前のタグと同じタグで勝手にコードを閉じてくれる。とか、 「a href=”」まで入力すると、ページを参照できる。とか。 まぁ、そんな感じの便利な機能。 私はそんなにヘビーユーザーじゃないので、このツールが使えないと Dreamweaver を使っている意味がない。テキストエディタで、コーディングしてるのと同じになっちゃう。 解決方法を検索すると、どうやら日本語入力ソフトの「ことえり」さんと、Dreamweaver との相性が悪いとか何とか。実際のヨセミテさんの日本語入力ソフトは「ことえり」ではなく「Japanese IM」というのらしいけど。   そういうわけで、Googleの日本語入力ソフトをインストール。 IMEを切り替えてみると、 おぉぉぉー。 コードヒントツールが復活。素晴らしい。 よかった。よかった。   ところで、この Google日本語入力ソフト、思いもよらずすごい。 なんと、Windows の Microsoft IME にあるような「手書き文字入力」の機能がある!!! これあるだけで、Google日本語入力ソフトをインストールした甲斐があったっちゅうもんだな。

アクセス不可

何かのついでに、いじってみたパソコンの Macintosh HD アクセス権設定。 「everybody」を「アクセス不可」にしてみたところ、なんと、なんと、自分までアクセス不可になってしまった。 ぬぉー、マジですか!!!   以下は、パソコンの症状。 カーソルはぐるぐる回ったまま、何もできない。 強制的に電源を落として、よし。再起動…ができない。 途中で画面が白く止まったまま。 再起動、再チャレンジ。が、何度やっても、途中で止まる。 時間の問題かと、8時間待ってみる。やっぱり、動かない。 こ、これは……。   さすがに焦った。 別のパソコンからネット上を調べてみると、同じ状況に陥った人が多々ヒット。 しかも復旧の仕方が、ど素人の私には理解ができない。 「リカバリ」したという人も多数あった。   うーむ。ちょっと、やばいかも。   「リカバリ = 面倒臭い」。 いや、その前に、データがなくなる。折り図も。写真も。メールも。全部。   かなーり深く悩むこと、3分。 結局、数日前(5月の終わり頃)からパソコンの後ろで、ぴっかん、ぴっかん、と小さなライトを光らせて、頼もしく待機している私の新しいお友達にお願いをすることに。   「ちょいと、頑張っておくれでないかい?」   大きさははんぺんくらいの、手のひらサイズの小さな四角いケース。 マニュアルなし。保証なし。もちろん、一度も試したことなし。 私の未来は、この小さなはんぺんに託されることに。 「ちちんぷいぷい。1日前のパソコンにもーどれっ!!!」     結論。 戻った。 約1時間かけて、無事に1日前のパソコンに変身できました。 めでたし。めでたし。 なんのことはない、Time machine でありんす。ははは。 しかし、よく数日前にこの外部記録ディスクを買ったもんだな。 (それまでは、バックアップなんて取ってなかった)   それはともかく、 システムがロックされてしまうこんな危険なコマンド、子供の手の届くところに置かないで欲しいなぁ。 いじるに決まっているじゃないか(私は)。 あぁ、アホなことして遊んだ。   — もし、なんかあった時のために。…