セルフバゲージドロップで遭遇した新手の天使

蛋白なエアアジア

クアラルンプール空港のエアアジアは、今まで利用した空港会社の中で一番「蛋白」ぽかった。

  1. チェックインがセルフ。
  2. 受託手荷物を預けるのもセルフ。

人件費削減なんだろうな。
逆に言えばセキュリティチェックに行くまでのすべての工程は「自力で」っちゅうことになる。

セルフチェックインは無事にこなす

セルフチェックインをするのはこれで2度目。1度目は関西国際空港のエアチャイナでやった。
いずれもロッピみたいな機械。

エアアジアも日本語があったが、日本語を押しても画面が反応しないので英語でやった。
おかげで受託手荷物について聞かれている画面をうっかりスルーしそうになった。

チェックインが終わると航空券だけでなく、予約している受託手荷物のタグもニョロニョロと出てきた。

セルフバゲージドロップで新手の天使に遭遇する

セルフバゲージドロップは自分で受託手荷物の重量を量り、ベルトコンベアーに乗っける。
カウンターはずらりと数が多いし、並んでいる人も少なく、列に入ってすぐに自分の番が回ってきた。

よいしょっ。
とカウンターの量りの上にスーツケースを持ち上げる。…が、なかなか持ち上がらない。
これはいつものことだ。
気合がいる。あと、持ち方にコツがある。

うにうにやっていると、隣で荷物を量っていた東南アジア系のお兄さんがスーツケースをひょいと持ち上げて量りの上に載せてくれた。

「Oh, thank you!!」

と言ったが、お兄さんはこちらをちらりとも見ず、隣のカウンターで自分の荷物の手続きに一生懸命そうだった。
見ると、4〜5人くらいの若い男女のグループ。
荷物もかなりある様子。

さてと。
で、どうするんだ??

カウンターには次にタグのバーコードを読み取るように指示が出ている。
備え付けられているバーコードリーダーは、コンビニのレジみたいなんに似ていた。
それを手に取り、指示画面を見ながら、荷物のタグを見比べる。
タグにはバーコードがいっぱい。

!?!?
どのバーコードを読み取るんだ??

次々に表示が変わるその指示画面をガン見していたら、どこからかにゅっと手が伸びてきて、バーコードのひとつを指さした。

見ると、先ほど荷物を持ち上げてくれたお兄さん。
しかし彼の顔は、自分たちの荷物の手続き画面に向けられたままだった。

「Thank you!!」

ありがたく、指さしてもらったそのバーコードを、ピッと読み取った。
さて、次は…。
カウンターの画面には、またタグのバーコードを読み取る指示が。

だから、どのバーコードだよっ!!!

また、指示画面をガン見。
すると、またまたにゅっと手が伸びてきて、今度は下の方のバーコードを指さした。
振り返るとお兄さんが、やはり自分たちの荷物の画面を見たまま。

忙しいんだなぁ。
「Thank you so much!!!」

指さしてもらったバーコードをピッ…

おや?
リーダーが読み取らない。

なんでだ? さっきはちゃんとピッとなったぞ??

カチカチとリーダーのボタンを押し直してみる。
真剣にバーコードにリーダーをかざしてみる。

が、全く反応なし。

どうなってる??

するといきなり伸びてきた手がバーコードリーダを私の手からもぎ取り、ちょっと高い位置からバーコードをあっさりと、ピッ。
終わると無言のままリーダーを返された。

「Th…thank you so much!!!」

すぐにお礼を言ったが、その瞬間にはすでにお兄さんは荷物の手続き画面を見ながら、お隣のお友だちと何か喋っていた。

な、な、な、なんだ!?
彼のこの「助けて当たり前」感は!?!?
助けた後の無頓着さは!?!?

こういう人の助け方もあるんか!?!?!

なんか、
すんげぇ、

かっけぇぇ!!

私の荷物は、そのまま無事に手続き終了。
ベルトコンベアで運ばれていった。
お兄さんたちのグループはまだまだ時間がかかりそうな感じだった。

ちょっと会釈をして立ち去ったが、彼らのグループの誰も私を気にする人はなかった。

まじ、かっけぇ (かっこいい) な。

新手の天使に会ったと思った。