インウィット / Inwyt

Inwit “the basic”: On A type, horizontal assembling
インウィット “基本” : オンAタイプ, ホリゾンタル組み
Inwit “the basic”: On A type, vertical assembling
インウィット “基本” : オンAタイプ, バーティカル組み
Inwit “the basic”: On B type, horizontal assembling
インウィット “基本” : オンBタイプ, ホリゾンタル組み
Inwit “the basic”: On B type, vertical assembling
インウィット “基本” : オンBタイプ, バーティカル組み

「インウィット」について / About “Inwyt”

“Inwyt” series is a new work created in Jan.2020, has a lot of variations, like a series of “Variety unit” works.

The looking is not so special work, I know it can not attract you very much. But I’m sure it makes you enjoy making and assembling. Because of some secrets.



今年いちばんはじめの新作「インウィット」。「バラエティユニット」シリーズのようにバカほどバリエーションが生まれる可能性大。

見た目は、あまりにも平々凡々過ぎて、誰の目にも止まらなさそうな、雑草的くす玉。
でも、この作品には、今までには無い「思わず試したくなる」ようなカラクリが。

Work’s data

Created : Jan.2020
Drawing : Jan.2020
Assembling type : Modular type
Joining method : Flap-Pocket joint, Rosette-joint
Number of part : 60
Paper size : 7.5cm × 3.75cm

「インウィット」の秘密 / The secret of “Inwit”

その1. 彩り / A color scheme

The whole work of the basic consists of 30 parts as other normal works.

Why the works look are very colorful is a part consists of two pieces made of two sheets of paper called “Piece-A” and “Piece-B”.

Using a sheet of paper for one part is not bad, but different patterns of paper for one part can express various beauty looks.

In addition, even though the work is made by simple folding, the whole looks will be complex.



全体を組み立てるパーツの数は、そのへんによくある普通のくす玉と同様の30パーツ。
なのに、なぜこんなにカラフルに見えるのかと言うと、ひとつのパーツが「部品A」と「部品B」というふたつの部品から成り立っているから。

1枚の紙からひとつのパーツを作るのも悪くないけど、2枚の紙からひとつのパーツを作ると、作品全体の彩りがすばらしく華やかになるんだな。

加えて「ユニット折り紙感」が増し、簡単な折り方なのにやたら複雑げ(←鳥取弁: 複雑そう)に見えたりもする。

どんなパターンの折り紙を組み合わせて部品を作るか。
それによって、作品全体の印象ががらりと変わるので、嬉しく楽しく悩ましく自分の個性を発揮できる。

さらに「部品の組み合わせ」と「全体のパーツの組み立て」という2段階の構成で、作品が徐々に仕上がっていく過程を存分に楽しめる。

ひとつのパーツをシンプルなふたつの部品から作るという、カラクリ。
モジュラー折り紙がはじめてだと言う人も、きっとはまるに違いない…ょ…?

その2. ちょー簡単な折りたたみ / Very much simple folding

If you see the diagram, you might be surprised that folding processes are very simple, easy and how the works will be made.

It can be said that it’s the modular origami magic.
And then this series is not only good for manias of modular origami but beginners.



きっと折り図を見た人は
「なんちゅー、簡単な折り方だえっ!?(←鳥取弁:なんて簡単な折り方なんだ!?)」

と、驚くに違いない。


それに加えて、

「どがして、こがな作品ができるだらぁか(←鳥取弁:どのようにしてこのような作品ができるんだろうか?)」

とも思うかもしれない。

まぁ、それほどに単純でシンプルな折り工程なんだな。
これぞ「ユニット折り紙マジック」。
なんてな。

その3. いちばん興味深い特徴 / The most interesting characteristic

The most interesting characteristic of the work is that it is can be able to be made four kinds of variation works from using the same pieces of “A” and “B”.

There are two ways to combine pieces of “A” and “B” to make one part, and also there are two ways to assemble the parts into the whole.

The top four photos are made with the same pieces of “A” and “B”.

As for the basic folding, “On A type: horizontal assembling” and “On B type: vertical assembling” will have the same pattern.



「インウィット」の一番興味深い特徴は、同じ部品「A」「B」を用いながら、なんと4種類ものバリエーションを作ることができる、っちゅうこと。

何のアレンジも加えていない部品から、だ。

そのカラクリは「組み合わせ方」。

ひとつのパーツを作るのに使う「A」と「B」の部品の組み合わせ方は、2種類ある。 加えて、そのパーツを組み合わせてひとつのくす玉を作る方法も2種類ある。

つまり「A」と「B」という部品を作れば、その部品から4種類のくす玉ができるっちゅうわけだな。

なんちゅー、すばらしかーっ!!!

と、言いつつ、
基本の折り方に関しては、「オンAタイプ:ホリゾンタル組み」と「オンBタイプ:バーティカル」は模様がおなじ。だったり。

でも、まぁそこは、ニヤリとスルーしておくんなまし。

第二幕の「アレンジ」から、面白くなるから…。

折り図配布中 / The diagram is distributed as the monthly diagram.

The diagram of “Inwyt” is distributed as the monthly diagram of Jan.2020 for patrons who are $3 or more on Patreon.



「インウィット」はPatreonキャンプファイヤーメールマガジンで配布中!!