Shall we fold? vol.14

This post is the continuation from Shall we fold? vol.13. and this is the last post of it.

But it has too long processes.
Then I show it in my website origamio.com.

Please visit my site and try it.
Enjoy!!!

Sample diagrams / origamio.com

おまたせいたしました。何ができるかな vol.13. の、続きです。が、あまりに工程が長いので、そのまま ホームページの origamio.com に掲載しました。
楽しんでね!!

サンプル折り図 / origamio.com

———————————————————————–


ショウワグリム 折り紙 武将ORIGAMI伝(真田幸村編)


ショウワグリム 折り紙 武将ORIGAMI伝(伊達政宗編)

Random Posts

  • The first anniversary

    Today is the first anniversary of origamio.com opening. I made these straps for it. 今日は、origamio.com の一周年記念です。 記念グッズ作ってみました。 くす玉じゃないところが、ミソ。 プラ板はじめてやってみたけど、なかなかおもしろい。 売れるかな。

  • Diagrams of Jun. 2016

    These are diagrams of Jun. 2016 for my Patrons. It will be shown Jun, some diagrams will be middle of […]

  • Impulsion

    Impulsion © Mio Tsugawa created : Mar. 2015 parts : 30 paper size : 5cm joining type : Modular type […]

  • 個体が作り上げたものもまた、その個体同様に遺伝子の表現型だ

    くす玉を作っていると、ふと思い出す言葉がある。 「”個体が作り上げたものもまた、その個体同様に遺伝子の表現型だ”って言葉を思い出すな。」 映画「イノセンス」(押井守監督/2004年:「攻殻機動隊」の続編)で、択捉(エトロフ)の上空を行くヘリから、『卒塔婆(そとば)の森』を見下ろして、バトーが言うセリフ。 リチャード・ドーキンスの「延長された表現型」からの引用だ。 このセリフの後、相棒のトグサが 「それってビーバーのダムや蜘蛛の巣の話だろ」 と続き 「サンゴ虫の作り出す珊瑚礁と言ってほしいな」 とバトーが答える。 私の机の上には、おびただしい折り紙が散乱し、いくつものくす玉が転がっている。 今、数えると17個。内、新作が5個。試作品や作りかけが6個。これから組み立てるパーツは…数え切れない。数える気にもならない。 これみんな、私の遺伝子の延長された表現型なんかのぅ?? そういうことを考えていると、さらに、もうひとつ思うことがある。 「このくす玉を作っている”私”だって、だれかの表現型なんだろうな」と。 人間やこの世界が誰かの表現型(のひとつ)だ。なんて、証明の仕様はないけど、私はただそう思う。 この『世界』って、そんな感じがするから。 —— そういう訳で、今日はBGMに、またまた「GHOST IN THE […]

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*
*