個体が作り上げたものもまた、その個体同様に遺伝子の表現型だ

くす玉を作っていると、ふと思い出す言葉がある。 「”個体が作り上げたものもまた、その個体同様に遺伝子の表現型だ”って言葉を思い出すな。」 映画「イノセンス」(押井守監督/2004年:「攻殻機動隊」の続編)で、択捉(エトロフ)の上空を行くヘリから、『卒塔婆(そとば)の森』を見下ろして、バトーが言うセリフ。 リチャード・ドーキンスの「延長された表現型」からの引用だ。 このセリフの後、相棒のトグサが 「それってビーバーのダムや蜘蛛の巣の話だろ」 と続き 「サンゴ虫の作り出す珊瑚礁と言ってほしいな」 とバトーが答える。 私の机の上には、おびただしい折り紙が散乱し、いくつものくす玉が転がっている。 今、数えると17個。内、新作が5個。試作品や作りかけが6個。これから組み立てるパーツは…数え切れない。数える気にもならない。 これみんな、私の遺伝子の延長された表現型なんかのぅ?? そういうことを考えていると、さらに、もうひとつ思うことがある。 「このくす玉を作っている”私”だって、だれかの表現型なんだろうな」と。 人間やこの世界が誰かの表現型(のひとつ)だ。なんて、証明の仕様はないけど、私はただそう思う。 この『世界』って、そんな感じがするから。 —— そういう訳で、今日はBGMに、またまた「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(押井守監督/1995年)」と「イノセンス」を流してました。 「攻殻機動隊」は、もともと士郎正宗の漫画が原作。 神山健治が監督のテレビアニメもあったりする。 押井守作品と神山健治作品。同じ原作だけど、全く違った作品。キャラクターもゼンゼン違う。 どちらも好きだけど、やっぱり押井守の方が好きだなぁ。 ■【攻殻機動隊S.A.C. ONLINE】 ティザームービー こちらはオンラインゲーム。 TVアニメのS.A.C.元にしているらしい。バトーがやたら若く見える。 画像を貼っておいて言うのもなんだけど、たとえゲームでも人が人を殺すのは嫌だな。と思う。 エイリアンのような動物だったらいいのか。というと、それも嫌だなと思う。人間にとって良い生物でも悪い生物でも、神様が作ったものを無駄に殺生するのは気が進まない。(と、言いつつ、自分は蚊やらハエやらカメムシやら、平気でやっつけてるけど)。 じゃぁ、なんだったらいいのかというと、まぁ人間が作ったものかな。機械とかロボットとか。「ターミネーター(殺人アンドロイド)」のような。 まぁ、それさえ、問題にしているのが押井守の「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」や「イノセンス」なんだと思うけど。 ■『ゴースト・イン・ザ・シェル』 | ファースト・トレーラー こちらはハリウッド実写版。2017年公開予定。 雰囲気的に「ブレード・ランナー(Blade Runner/1982年、アメリカ)」とか「イーオン・フラックス(Æon Flux/2005年、アメリカ)」を連想するな。 ■Blade Runner 30th Anniversary Trailer おまけ。ブレード・ランナーのトレーラーです。なんと来年、続編が公開されるんだそうな!!! —- 延長された表現型―自然淘汰の単位としての遺伝子 生物がつくる「体外」構造―延長された表現型の生理学

Beni fude

■work data ©Mio Tsugawa Created : Oct. 2016 Diagram : Nov. 2016 Joining method : Paper joint type Joining material : paper Number of part : body 30, joint 30. This is one of variation of Gizmo series. I named this work Beni fude after Prunus mume (Japanese apricot). 紅筆 ギズモのバリエーションのひとつです。 「紅筆」は梅の品種。 実はこれ、試作の段階ではちょっと違う折り方をしていました。 でもあまりに微妙な変化なので、誰も気づかないかな。と。 さて。最近のBGMは相変わらずヴォーカルバンドのMixです。…

Vocal bands / Today’s BGM

手書きの折り図を描いてます。 以前は、折り紙の図面は手書きよりもデジタルの方がすっきりとして美しいと思っていたけど、 今は、手書きもハンドメイド感があっていいな。と思ったりしている。 毎度のことながら、手書きの折り図で一番はじめにすることは、道具探し。 私はあまり『物を整頓する』ということに興味を持たないので、 机の上に次々とあらゆる物が堆積(たいせき)していって、いざ必要なものがあると、まるで徳川の埋蔵金でも発掘するかのようなんだな。 で、今日も、 「4Bの鉛筆どこかいな」。ゴソゴソ。 「定規はどこかいな」。ガサガサ。 まぁ、定規や鉛筆は普段使っているので、難易度は低め。 「方眼紙ってこのあたりだっけ?」バサバサ。 「分度器〜。分度器〜。」ワサワサ。 「コンパス…。はてな。全く、記憶がないな。」うーん?? 結局、私が探している使い勝手のいいコンパスは見つからず、別のコンパスを使うことに。 (コンパスのストックがいくつもあったりする。) そうして、ようやく手書きの折り図に取り掛かかりました、とさ。 さて、今日の BGM はいくつかのヴォーカルバンドをミックスして聴いていました。 最近のビデオには、びっくりがいっぱい。 ■Starving – Hailee Steinfeld & Grey ft. Zedd: The Filharmonic (A Cappella Cover) The Filharmonic(フィルハーモニック)。ちょっと見ない間に、Niko(ニコ) の髪が金髪に!! ■[Official Video] Perfume Medley – Pentatonix PENTATONIX(ペンタトニックス)。これはすごい。さすが、耳がいい。ほぼ完璧な発音!! chocolate もちゃんと「チョコレート」って、言ってる!! ■ACA TOP 10 Bro Country Feat: Chris Rupp The Voice…

Xandria / Today’s BGM

時間に追われて、猛烈に創作しております。 作品はビシバシ生まれますが、時間が無くってホームページの更新ができないっっ。 しかし、ブログは書こう。気晴らしに。 さて、今日の BGM は Xandria(キサンドリア)。 ドイツのメタルバンドです。 だみ声が無いから好き。 こういうメイクをしなければ、ヴォーカルのダイアンはふつうにかわいいと思う。 ■XANDRIA – Nightfall (Official Video) | Napalm Records ■XANDRIA – Voyage Of The Fallen (Official Lyric Video) | Napalm Records ■XANDRIA – Valentine | Napalm Records ■XANDRIA – Valentine (Teaser) | Napalm Records おまけ。 ■XANDRIA – Valentine (Teaser) | Napalm Records おまけ。ヴォーカルのダイアン。 ——- Neverworld’s End…

Platina Jazz

9月の新しい作品を創作しています。 ほんとうは8月の作品だったんですけど、アレンジが生まれすぎて、ちょっと時間がかかっております。 さて、今日の BGM は Platina Jazz(プラチナジャズ)。男女合わせて12人のスウェーデンのジャズバンドです。 初めて youtube で発見した時、「まじっ!?!?!」って、目が点になったんだな。 おそらく、かなりの実力。渋いし。かっこいいし。演奏に味もある。ビデオの映像も凝っていて綺麗。 なのに、なのに、 なぜに、そげな(鳥取弁:そんな)曲をカバーしているんだ!?!? 一曲や二曲じゃぁない。 どうやら彼らは「そげな曲」を専門にカバーしているジャズバンドなのらしい。 元の曲を知らない人は、ほんとうにジャズの歌を歌っている。と勘違いすると思う。 元の曲を知っている人は、絶対ニヤッとすると思う。 ■Platina Jazz – Devilman (from Devilman) ■Platina Jazz – Nausicaa of the valley of the wind – LIVE – ■Platina Jazz – A Moonlight Serenade (from Sailor Moon) 思わず、君の方が歌うっ !?!? と、ツッコミを入れた。いえ、誰が歌ってもいいんですけど。 ■Platina Jazz – Fly Me To The…