The Exchange / Today’s BGM

Shall we fold の折り図の続きをぼちぼち描いております。

今日の BGM は 「The Exchange」。
The Exchange は 2012年から活動している 男性 5人のヴォーカルバンド。
Aaron Sperber(アーロン)によってメンバーが集められました。
(と yahooの翻訳 が言っている)
みんな表情がゆたかで、笑顔がステキ。
とっても仲よさげで、見てて楽しい。

でも、もともとメンバーのうちの3人は、お互いに「The Sing-Off」というアメリカのアカペラ甲子園みちゃいなTV番組で競い合った仲なんだそうな。The Sing-Off Season 3 で、メンバーのひとり Richard Steighner(リチャード/ビートボクサー)は Urban Method(アーヴァン・メソッド。デンバーのア・カペラグループ) のメンバーで、Aaron Sperber(アーロン) と Jamal Moore(ジャマル ?)は University of Rochester YellowJackets(イエロージャケット。ロンチェスター大学のア・カペラグループ)のメンバーでした。(と、wikiに書いてあるったので Youtube で見たら、ほんとだっ !!!)

このシーズン3 での順位は、Urban Method が 3位。
University of Rochester YellowJackets が 7位。
ちなみに 1位は あの PENTATONIX だす。

(さらに余談。前回の BGM のHOME FREE は The Sing-Off シーズン4の 1位です。
さらにさらに余談。アーロン はそのあと The Exchange を結成して、The Sing-Off シーズン5 に出場。The Exchange は 2位を獲得しました。)

■[Official Video] “Uma Thurman” – The Exchange (Fall Out Boy Cover)
私は、すべてのア・カペラグループが歌う歌のなかで、The Exchange のこの曲が一番好き。オリジナルを聞いたけど、やっぱり彼らが歌うのがいい。しかも、ビデオがとっても面白い。
どっきりみたいな感じで周囲の反応が新鮮だし、1:14 あたり、ジャマル(前から2番目)が笑って吹いている。その、みんなの反応もおもしろい。
そして、何より Christopher Diaz(クリストファー/ヴォーカルのバス、一番背の高いメガネの人)が着ているTシャツの文字にお腹を抱えた。私の座右の銘にしよう。

■She Came To Give It To You – The Exchange (Usher feat. Nicki Minaj cover)
まさか? まさか?! まさか!?!? って、歌なんかそっちのけで、とにかく画面を凝視。
何度見てもすげーっ!!!

■Backstreet Boys Medley in the car – The Exchange
みんな仲よさげ。
それにしてもビートボクサーって、どっからあんな音が出るんだろう。

—————————————————

■1st Performance – The Exchange – “Love Runs Out” By OneRepublic – Sing Off 5
おまけ。(注 : Official video じゃぁありまへん by 私)
The Sing-Off Season5 での The Exchange のファーストパフォーマンス。

—————————————————


魂心Tシャツ


なんとかなる(黒) Lサイズ