Themis and Neith


■Works Data
Created : Aug.2016
Drawing : Not yet.
Type of Assembling : Modular type
Method of joining : Arabesque joint
Parts : 30
Paper size : 7.5 × 3.75cm

The photo of top is Themis, and the photo of bottom is Neith.
These works are developed works from Rectangle Arabesque.
Themis is other type of Janus.
And Neith is other type of Lilith.

But, both of them are very hard to fold.
Especially Themis’s folding is the hardest in all my works ever, I think.

Assembling doesn’t need glue, and joining method is the Arabesque joint.

テミスとネイト

長方形アラベスクから発展した作品です。

テミスはヤヌスの亜型です。
ネイトは リリスの亜型です。

両方とも、ちょーちょーちょーハードな折り方をします。
特に、テミスはこれまでの私の作品の中で最高難易度かもしれません。もちろん折り図なんて描けまへん。動画でも難しいんじゃぁないかと思います。でもかといって、テミスを展開してみると、たいした折り線はありません。垂直、水平、45度、-45度。たったこれだけの折り線です。(22.5度さえ無い!!)。
いやぁ、すごいね。折り紙って。山折り、谷折りの繰り返しだけで、想像もつかないような形が生まれる。

ずっとむかし「ヒカルの碁」というアニメで、誰かが「碁盤の目に宇宙がある」みたいなことを言っていたけど、私にゃ、この正方形という紙の山折り谷折りの線の中に宇宙があるような気がする。

Themis(テミス)と Neith(ネイト)という名前はどちらも仮説上の星から。
テミスは土星のまぼろしの衛星、ネイトは金星のまぼろしの衛星。観測されたっぽい天体らしいですが、どちらも存在しないとされているんだそうな。

—-


菅公工業 両面おりがみ


菅公工業 クラフトおりがみ

Comments

  1. tomopy says:

    どちらも かっこいい!
    ネイト、作ってみたーい(^-^)
    ほんとに、紙の世界は奥深くて まるで宇宙‼︎
    ぐるぐる回ってるばかりで、どこへ向かったら良いのやら。

  2. くん says:

    うわー素敵!私も作りたいなぁ~
    ねりきりみたいできれいな色合いだなぁ
    さすがぷぅちゃん(^^♪

  3. セイロン says:

    超難易度って言葉がそそりますね♪

  4. 紅子 says:

    初めまして。
    数年前からこちらのサイトを拝見させていただいてます(^^♪
    素敵な作品ばかりで、いつも新作が楽しみです☆*。
    唐突ですが、アラベスクジョイント新作4作品
    にらんで解明しちゃいました(*≧∀≦*)

  5. 紅子 says:

    Mio先生☆
    お返事ありがとうございます(〃∇〃)
    今回の新作も素敵で解明意欲(?)が沸いてきます。
    アラベスクジョイント4作品以外にも、素敵な作品を折りたい一心で、睨んで睨んで色々解明できました。
    Mio先生のお言葉、有り難く、是非見ていただきたいのですが、生憎、ブログや各種SNS等、全くやっておりません。
    見ていただくには、どのようにすれば良いでしょうか?