YouTube の「自動字幕生成」は絶対狙ってやっている / The unbelievable funny an Auto-generated system in YouTube.

YouTube の素晴らしい字幕機能 / The function of subtitles in YouTube.

YouTube には字幕機能がある。
ビデオによっては字幕がないこともあるし、逆にいくつもの言語に対応しているものもある。
それはビデオを作った人の才量 (?) と力量 (?) と設定による。

YouTube has a function which is shown subtitles.
And some videos have some subtitles and it depends on a person who makes videos.

YouTube の字幕の使い方 (PC) / Way to use the subtitles (PC)

YouTubeの字幕の設定の仕方は、スマホとパソコンじゃちょっと違う。
以下はパソコンでの設定の仕方。

字幕のオンとオフの仕方 / How to switch On or Off.

字幕がある場合、ビデオにアイコンがでる。
一番ひだりが字幕オン・オフの切り替えボタン。
赤いアンダーラインがあると、オン。無いと、オフ。

If the video has subtitles, there is a button which can control subtitles at the left space.

When the button has an red underline, it’s ON.
And when it has not the underline, it’s Off.

もし最初から ON になっていた場合、最初に表示される字幕は、YouTube によると、

YouTube では、さまざまなシグナルを使用して自動的に動画の言語(タイトル、説明、字幕)を視聴者の好みに合わせています。シグナルには、視聴者のインターフェース言語、場所、最近再生した動画などがあります。

だそうな。
YouTubeのホームページの表示される言語が日本語の場合は、日本語の字幕の出る可能性が高い。
なので、この言語の設定を変えると、タイトルも説明も字幕も、別の言語に変わる。
(設定の変え方は、画面右上にある「ログイン」の左隣の3つの点をクリック → 言語を選択 → 好きな言語を選ぶ)

日本語で 「おかしなタイトルのビデオだな」 と思うようなビデオがあったら、そりゃー、YouTubeが勝手に他言語から日本語に自動翻訳している。と、思われる。

他の言語に設定する方法 / The way to set in other languages.

  1. 歯車 (設定) のボタンをクリック。
    Click a setting bottun.
  2. 字幕をクリック。
    Choose “Subtitles / CC”.
  3. 言語を選んでクリック。
    Choose your language.
  4. 言語を選ぶと自動的に字幕がONになる。
    When you choose the language you need, the subtitle button will be changed as “ON” automatically.

ミュージックビデオの場合/ In case of a music video which has a subtitle in its language.

日本語 (または他の言語) の歌で日本語 (その言語) の字幕がある場合は、その字幕はほぼ「歌詞」だと思っていい。と思う。
私の場合、歌を聴いているだけでは、何を言っているのかさっぱりよくわからない時があるけど、文字で確認すると、あぁ、そんなこと言ってたのか。と納得できたりする。

In case of a music video which has a subtitle in its language, I think the subtitle would be its lyrics.
As for me, there are cases that I can not understand what a singer sing even it in Japanese. So subtitles help me to understand even I hear Japanese songs.

字幕の無いミュージックビデオ。
特に出だしが聞き取りにくい。というか、さっぱり分からん。

It is a video that doesn’t have any subtitles.
I can not understand any words in the first phrase.

■flumpool「夜は眠れるかい?」MusicVideo (オフィシャルサイト)

字幕のある多言語対応ビデオ。
日本語字幕をオンにすると、歌の内容がよく分かる。
(オフィシャルサイトじゃぁありまへん。by 私)

It has 13 languages as subtitles, but it’s not a official site.

■夜は眠れるかい? /Yoru wa Nemureru kai?

ちなみにこの歌は「亜人 (あじん, Ajin) 」というアニメの主題歌。
オリジナルは『good!アフタヌーン』(講談社)に連載の漫画 (原作 : 桜井画門)。

ここからが本題 → YouTube の自動文字起こし機能

ビデオの中には自動的に字幕を生成するものもある。これも、ビデオを作った人の設定によりけり。
「自動的に字幕を生成」というのは、
詳しく言うと “YouTube の音声認識技術を利用して自動的に動画の字幕を作成” すること。
「機械学習アルゴリズムによって自動生成され」 るらしい。(by YouTube)

日本語の場合

日本語の場合、この自動生成の字幕の活躍ぶりが、もう、なんとも言えない。
機械学習のアルゴリズムと言うが、絶対狙ってやってるとしか思えない。

さて、さきほどの「亜人」の映画予告ビデオをふたつご紹介。
どちらも自動生成字幕しかないけど、これが、まぁ、見ればわかる。

見る時は、最初は字幕無しで普通に日本語を聞くことをオススメ。
2回目に字幕を見て、抱腹絶倒してほしい。

■劇場第2部「亜人 -衝突-」本予告 (アニメ映画)

一番の見どころは「亜人 (あじん) 」がどう文字に起こされるか、だ。
「亜人」という言葉は日常的には使われない。辞書に載っているのかどうなのか、まぁ、よくわからない。でも、文字を見たら、日本人ならなんとなく意味の察しがつく言葉。のはず。

「亜」の意味は、”上位や主たるものに次ぐ。次位の。準ずる”。(by goo 辞書)
という意味。

「亜人」は英語で、デミ・ヒューマンと言うらしい。

しかし、おそらくYouTubeの自動文字起こし機能はこれを理解できないと思う。というか、実は完璧に理解して逆におちょくっているようにも見受けられる。

さらに、面白い仕事の数々。
0:21 秒あたりの
「今夜は解剖台で眠るといい」→「今夜は買い放題で眠るという」
のフレーズは、まさに神。

何度見ても笑いすぎて涙が出る。本当に自動生成なのかと思う。
「亜人」じゃなくて、真剣に「あ然」だ。

■映画『亜人』予告【2017年9月30日公開】(実写映画)

こっちのビデオでも「亜人」がいろいろな文字に起こされているが、最後にはもはや「あ」の字さえ使われていない。新しい別の人種になっている。

亜人 Blu-ray豪華版