珍しくBGMは日本語の曲 / I’m listening to Japanese songs unusually as BGM.

創作したり、聞き入ったり / Creating and Listening

I’m listening to Japanese songs as BGM unusually while I’m creating the last works in 2018.
I can get tired easily to listening to music which has lyrics usually, I like instrumental music, then it’s unusual as for me.

I choose one song the first, and I leave the next music to Youtube.
YouTube is playing the related music endlessly on autoplay.
Some are not interested, some are good…and sometimes can find nice music unexpectedly.

I don’t know if these are good or are not, but they caught my attention.

今年最後の新しい作品たちを、ごそごそ創作中。
BGM に珍しく日本語の曲を聴いている。選曲はYouTube まかせ。
最初に好きなビデオを再生して、その後は YouTube のエンドレス自動再生。
興味の無いのが多いけど、たまに掘り出し物も。

YouTube Videos

■ヒプノシスマイク Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」

It’s rap music, singers are 12 Japanese voice actors.
The song rhymes well and I like it.
But because of too fast tons of Japanese words, I can’t sing or hum even I’m Japanese.
By the way, I very wonder if it is necessary to show illustrations?
I thought that it was better to be sung by them vocal and music only.

ラップは好きでもないし、嫌いでもない。
この曲はノリがいいので聴いている。
ただ、これだけの単語量が詰まっていると、たとえ日本語でも歌えないだろうな。と思う。
ついでに言うと、日本語なのに「意味」もさっぱり。 まぁ、ラップミュージックってだいたいそんなもんなのかもしれない。
ラップ = 「日本語でも歌えない曲」
歌い手は日本の声優さんたち12人。
この中で、私の分かる声優さんが3人いる。

1. 一番始めに出てくる「木村昴」氏。→ 「ドラえもん」の「ジャイアン」の声。
2. 二番目に出てくる「浅沼晋太郎」氏 → 「四畳半神話大系」の「私」の声。この時「この声優さんはほんとうにすごい人だな」と思った。
3. 四番目に出てくる「速水奨」氏 → 昔からときどき名前を見かける。具体的に誰の声をしていたのかは知らない。(←分かってねぇ。)

ところで、とても不思議なのだが、このビデオの2次元のイラストは必要なのだろうか。
まぁ、ビジュアル的に彼らはEXO(エクソ。韓国のアイドルグループ)には少し劣るかもしれないけど、声と歌唱力と滑舌はすこぶる素晴らしい。それだけで十分ではないか。

【オリジナルMV】脳漿炸裂ガール Band Edition【Re:ply】

The original song is sung by Hatsune Miku who is a Vocaloid software. Covered by a band of “Re:ply”.
And because of too fast tons of Japanese words, I can’t sing the song, too.
Also, I thought that if I didn’t listen to the lyrics carefully, I hadn’t noticed that it was a Japanese song.

Re:ply さんによるカバー曲。原曲は初音ミクが歌っているらしい。
ラップじゃないけど、これもまた「日本語でも歌えない曲」だな。と思った。
それに、ぼけーっと聞いていると早口過ぎて「日本語」だって、気づかないかもしれない。

それにしても、このボーカルの人は、よく舌を噛まないな。
どこで息継ぎをしているんだろう。

■ガランド / ピコン(cover) – Eve

The song rhymes well, too.
But I think the lyrics doesn’t have any meanings, though, I like it.

韻を踏んでいて面白い曲。
でも、歌詞にはさっぱり意味は無いかと思われる。

■King Gnu – Prayer X

The animation is sad, but the melody remains in my heart.
It’s used to the ending song to BANANA FISH of an anime which is broadcasted on Japanese TV now.
An original of BANANA FISH is very old comic, it’s almost 30 years ago.
When I was student, it was so popular among us.

最初に聴いた時に、なんだ、なんだ、この気だるい曲は??? このどんよりの気配は???
って、ビデオに釘付けになった。
歌詞がすごく哀しい。アニメーションも悲しい。
旋律が独特で、ずっと聴いていると、海のいちばん底に沈んでゆらゆらしている気分になる。

日本語だけど、なんか気分が「ずーん。」ってなりそうなので、歌えないな…。

この歌は「BANANA FISH」というアニメのエンディングに使われているらしい。
「BANANA FISH」って、あの「BANANA FISH」?? って、思って調べてみると、ほんとうにあの「BANANA FISH」だった。
原作は吉田秋生氏で30年以上も前のコミック作品。私が学生時代に流行っていた。
2018年にアニメ化とあるが、私が帰国していた時には見なかった気がする。
鳥取県では放映されていなかったのか??

【MV】Royal Scandal-「クイーンオブハート」/luz – Queen of Heart

I’m not knowledgeable about Jazz music but I like it very much.
The story of the song is continued in another song. It is composed of six songs so far. This is the episode 1.

ジャズは詳しくは無いけど、結構好きだったりする。
この曲は物語になっていて、続きがある。今のところ全部で6話。つまり6曲。
この曲はエピソード1。

紙を折りながら聞いていると、脳が半分紙折りの方へ向いているので、さっぱり気が付いていなかったが、よくよく聴いてみると、なんかすんげぇ歌詞だということに気がついた。
さらにビデオに出る歌詞を確認してみると、普通の言葉にやたらすんげぇ漢字が割り当てられている。
こりゃぁ、一体…。

で、調べてみると、歌い手の”luz” 氏はネット上で 「歌う18禁」 と呼ばれているらしい。

なるほどー。色んなアプローチの仕方があるもんだな。

この曲もまた「日本語だけど (人前で) 歌えない曲」のひとつだな。と思った。

■luz 3rd TOUR -SISTER-「クイーンオブハート/Queen of Heart」live ver.

さきほどのライブバージョン。
luz 氏は、”ソーシャルミュージックシーン発の男性シンガー。” (by wiki) なんだそうな。

おまけ / An extra

■The Tatami Galaxy – Episodio 1 – Sub Español

おまけ。声優、浅沼晋太郎氏をすごいと持ったアニメ「四畳半神話大系」。
放映は2010年。原作は森見登美彦の小説。
ナレーションの「私」が浅沼晋太郎氏。
今見てもほんとうにすごい。よく噛まないな。
(Official video じゃぁありまへん。 by ワタシ)

BANANA FISH Blu-ray Disc BOX 2(完全生産限定版)

イラストブックBANANA FISH/ANGEL EYES (原画集・イラストブック)